アンリ・マティス Henri Matisse
エトルタ断崖 Les falaises à Etretat
1920年 油彩・カンヴァス 38.0×46.3cm

ドーバー海峡に面した北フランスの小村エトルタは、白亜の断崖が切り立つ景勝地です。もともとこの地域は太古の海で、白亜紀に形成された石灰岩が折り重なる大地でした。氷河期には巨大な湖が形成され、その崩壊によってドーバー海峡が生まれたと言われています。その後、波が崖を侵食して風光明媚な地形を生み出しました。「象の鼻」や「馬の脚」とも呼ばれるトンネル状の地形が形成されたエトルタの断崖は、ドラクロワやクールベ、モネなど多くの画家が絵にしました。
マティスは1920年と21年の夏にノルマンディー地方のエトルタを訪れ、多くの風景画を制作します。マティスは北フランスの柔らかな光が降り注ぐ白亜の断崖を灰色や茶色などの中間色を多用して描いています。海岸に置いた黒は、影というよりも光の感覚を喚起することで、それらの中間色をいっそう引き立てています。