下記のカタログをご希望の場合は、美術館までお問合せ下さい。

問い合わせ先
〒413-0715 静岡県下田市宇土金 341
上原美術館
Tel.0558-28-1228
E-mail:info@uehara-museum.or.jp

上原美術館コレクション 【仏教美術編】<br />
上原美術館コレクション 【仏教美術編】
2017年 
133作品を収録(古美術作品21点)

※在庫僅少

販売価格 1,000円(税込)
上原近代美術館コレクション1.西洋編上原近代美術館コレクション 1.西洋編
2015年
23.9cm×18.2cm 156ページ
95作品、書簡7点、挿画本15点を掲載。
序文:「上原近代美術館の西洋美術コレクション」三浦篤氏(東京大学教授)
※在庫なし
上原近代美術館コレクション2.日本近代洋画・彫刻編上原近代美術館コレクション 2.日本近代洋画・彫刻編
2015年
23.9cm×18.2cm 156ページ
119作品を掲載。
序文:「<日本洋画>についての雑感―上原近代美術館所蔵品に 触れながら―」島田康寬氏(神戸市立小磯記念美術館館長)
上原近代美術館コレクション3.日本画編上原近代美術館コレクション 3.日本画編
2015年
23.9cm×18.2cm 132ページ
73作品を掲載。
序文:「上原近代美術館の日本画」草薙奈津子氏(美術評論家・平塚市美術館館長)


編集・発行:公益財団法人 上原美術館
制作:株式会社求龍堂

上原近代美術館コレクション3冊セット
※ケース付き

静岡の仏像+伊豆の仏像 -薬師如来と薬師堂のみほとけ-静岡の仏像+伊豆の仏像 -薬師如来と薬師堂のみほとけ-
2021年 
29.7㎝×21.0㎝  104ページ
仏像24点、資料2点を収録

販売価格 1,000円(税込)

特別展「静岡の仏像+伊豆の仏像」の展覧会図録
堂外初公開となる静岡のみほとけと、伊豆に伝わる薬師如来を紹介
出品作品の写真と各作品の解説、書き下ろしの論考を収録
知られざる伊豆の仏教美術知られざる伊豆の仏教美術
2020年 
29.7㎝×21.0㎝  64ページ
仏像など18件を収録

販売価格 500円(税込)

特別展「知られざる伊豆の仏教美術」の展覧会図録
伊豆各地の寺院やお堂に人知れず伝えられた貴重な文化財の中から
厳選してその魅力を紹介 貴重な品々の写真と解説を収録
伊豆をめぐる名画―横山大観、安田靫彦を中心に―伊豆をめぐる名画―横山大観、安田靫彦を中心に―
2019年 
50作品を掲載

販売価格 500円(税込)

伊豆市共同企画展「伊豆をめぐる名画」の展覧会カタログ
伊豆市が所蔵する日本画から安田靫彦や横山大観らの作品を掲載
伊豆半島仏像めぐり―伊豆の13市町の仏たち伊豆半島仏像めぐり―伊豆の13市町の仏たち
2019年 
29.7㎝×21.0㎝  56ページ
仏像など13件を収録

販売価格 500円(税込)

特別展「伊豆半島仏像めぐり」の展覧会図録
伊豆にある13の市町からそれぞれ1点ずつ仏像を選んで紹介しています
各地の人々が守り伝えた貴重な仏像の写真と解説を収録
伊豆の平安仏―半島に花ひらいた仏教文化伊豆の平安仏―半島に花ひらいた仏教文化
2018年 
29.7㎝×21.0㎝  48ページ
仏像19件を収録
在庫なし

販売価格 500円(税込)

リニューアル1周年を記念した特別展「伊豆の平安仏」の展覧会図録
伊豆半島各地に伝わる平安時代に作られた仏像を紹介
寺外初公開となる千手観音や秘仏の仏像の写真と解説を収録
幕末下田の仏師 松本雲松幕末下田の仏師 松本雲松
2014年 
29.7㎝×21.0㎝  56ページ
仏像11点、絵画8点の雲松作品を収録

販売価格 500円(税込)

激動の幕末下田の町で造像活動を行った、ひとりの仏師の生涯をたどる
上原仏教美術館の企画展「幕末下田の仏師松本雲松」の企画展図録
須田国太郎―珠玉の上原コレクション―須田国太郎―珠玉の上原コレクション―
2012年
23.9cm×18.2cm  116ページ
54作品を掲載。
編集・発行:公益財団法人 上原近代美術館
制作:株式会社求龍堂
絵画に魅せられて ―上原昭二とコレクション―絵画に魅せられて ―上原昭二とコレクション―
2012年
22.9cm×15.6cm 256ページ
約140作品を掲載。
発行:株式会社求龍堂
在庫なし
岡鹿之助とフランスの画家たち岡鹿之助とフランスの画家たち
2011年
24.0cm×18.2cm  44ページ
30作品を掲載。「岡鹿之助の芸術―1925年~1939年の滞仏期を中心に―」渡邉絵美(当館学芸員)を所収
安井曽太郎―レアリスムの追求―安井曽太郎―レアリスムの追求―
2010年
24.0cm×18.2cm 64ページ
50作品、資料9点を掲載。「安井曽太郎―レアリスムの追求」髙見澤こずえ(当館主任学芸員)、「父・安井曽太郎の思い出」安井良子、「安井曽太郎《風景》(1915年)調査結果報告」 宮田順一氏(有限会社修復研究所21 研究員)など所収
在庫なし
マティスの芸術とその影響―ボナール、ドラン、ピカソらとともに―マティスの芸術とその影響
―ボナール、ドラン、ピカソらとともに―
2009年
24.0cm×18.2cm 36ページ
26作品を掲載。「アンリ・マティス:芸術と展開」土森智典(当館学芸員)を所収
在庫なし
梅原・安井・須田展 ―京都が生んだ三巨匠―梅原・安井・須田展 ―京都が生んだ三巨匠―
2008年
23.9cm×18.2cm 32ページ
21作品、資料2点を掲載。「京都が育んだ洋画家―梅原龍三郎、安井曽太郎、須田国太郎の軌跡―」 嶋田華子氏(東京大学先端科学技術研究センター特任研究員、梅原龍三郎曾孫)
アンドレ・ドランの軌跡―マティス、マルケ、ヴラマンクらとともに―アンドレ・ドランの軌跡―マティス、マルケ、ヴラマンクらとともに―
2007年
23.9cm×18.2cm 22ページ
32作品を掲載
コレクターのまなざし展 ―モネ《雪中の家とコルサース山》を囲んで―コレクターのまなざし展 ―モネ《雪中の家とコルサース山》を囲んで―
2006年
23.9cm×18.2cm 26ページ
19作品を掲載。「コレクターの「目」―『白樺』中心の西洋美術の受容について」 山田俊幸氏(帝塚山学院大学文学部教授・大正イマジュリィ学会常任理事)
彫刻を楽しむ彫刻を楽しむ
2006年
20.9cm×14.2cm 36ページ
22作品を掲載
絵に描かれた作品展 ―水彩・デッサン・版画を中心に絵に描かれた作品展 ―水彩・デッサン・版画を中心に
2000年
21.0cm×14.7cm 24ページ
須田国太郎展須田国太郎展
2001年
23.9cm×18.2cm 64ページ
FEMME―描かれた女性たち展FEMME―描かれた女性たち展
2000年
21.0×14.8 16ページ
折り込みリーフレット