『上原コレクション名品選1』が始まりました

7月6日より『上原コレクション名品選1』が開幕しました。仏教館では昨年度新収蔵の薬師如来坐像(平安時代)や、仏教館初公開となる白隠筆≪達磨図≫、近代館では新収蔵初公開となる岡鹿之助≪三色すみれ≫を展示します。皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。

 

上原コレクション名品選1

展覧会動画を公開中です

開催中の特別展『伊豆半島仏像めぐり―伊豆13市町の仏たち―』(仏教館)、および企画展『画家たちの旅―梅原龍三郎、牛島憲之、ルノワールが見た風景―』(近代館)の展覧会動画を公開しました。企画した学芸員が各展覧会の魅力を解説しております。

 

仏教館:伊豆半島仏像めぐり―伊豆13市町の仏たち―

 

近代館:画家たちの旅―梅原龍三郎、牛島憲之、ルノワールが見た風景―

写経・仏像彫刻 作品展の開催

上原美術館で開催している写経教室と仏像彫刻教室の合同作品展を開催します。受講1年目の新入生の作品から10年を超すベテランの大作まで、57点の作品を展示します。大小様々な作品が織りなす1年間の成果を、受講生の言葉とあわせてご覧下さい。

2019年3月1日~3月5日 10時~16時
●会場 :上原美術館第一駐車場前建物

「アクセス」ページのデザイン・リニューアル

「アクセス」ページのデザイン・リニューアルを行いました。当館は遠隔地に位置するため、ご来館の皆様にはご不便をおかけしておりますが、ご活用いただけましたら幸いです。

【アクセス】
https://uehara-museum.or.jp/wordpress/about/access/

近隣に食事処がないため、下田市観光協会様の食事処リンクを追加しております。

【電車でお越しの方】
https://uehara-museum.or.jp/wordpress/about/access/by-train/

東京から直通の特急情報、お得な切符、リゾート列車の詳細情報を追加しております。また、伊豆急下田駅から美術館近隣までのバス時刻表を追加しました。

【お車でお越しの方】
https://uehara-museum.or.jp/wordpress/about/access/by-car/

「緑が美しい天城越えルート」と「海がキレイな東海岸ルート」の2つのルートをご提案しております。

 

2019年度の教室受講生募集のお知らせ

上原美術館では2019年度教室の開講にあたり、以下の教室の受講生を募集します。
初心者の方も大歓迎です!

1.日本画教室
毎月第2・4火曜日 午後1時~4時
講師:牧野伸英先生(日本画家、日本美術院特待)
2.デッサン・水彩画教室
毎月第2・4水曜日 午後1時~4時
講師:小野憲一先生(現代美術作家)
3.仏像彫刻教室
毎月第3日曜日 午後1時~3時30分
講師:岩松拾文先生、大谷文進先生(仏像彫刻家)
4.写経教室
毎月第2日曜日 午後1時~3時30分
講師:山田修也先生(書家、毎日書道展審査会員)
5.仏教美術講座
毎月第2日曜日 午前9時30分~10時30分
講師:仏教館学芸員(交代)

会場:上原美術館【近代館】会議室
募集人数:1~4は若干名、5のみ定員25名(いずれも応募者多数の場合は抽選)
※お1人様1教室のみ応募可
参加費:無料(材料費別途)
受講条件:基本的に全日程に参加できる方、ご自分で通える方
応募方法:郵便はがきに 氏名、年齢、住所、電話番号、希望の教室名、経験の有無を明記の上、郵送にて2019年3月10日(必着)までにご応募ください。
美術館受付にて直接お申込みもできます。
応募結果は2019年3月15日ころに、応募者全員に郵送でお知らせいたします。

 

【郵送先】〒413-0715 静岡県下田市宇土金341 上原美術館 教室募集係

年末年始(元旦含む)も開館します:会期中無休

上原美術館は元旦も含めて年末年始も開館しております。
展覧会会期の3月31日まで休館日はありません。(次回休館日は4月1日です)
年末年始は『春をおもう―東洋と西洋、それぞれの春―』、『下田の古刹―太梅寺の寺宝』を開催中です(2018/12/15~2019/3/31)。ぜひ美術館で新春の訪れをお楽しみください。


特別展『伊豆の平安仏』のカタログ発行のお知らせ

リニューアル1周年記念特別展『伊豆の平安仏―半島に花ひらいた仏教文化―』の展覧会カタログを発行しました。販売価格は500円、A4版48ページで出品中の仏像18点をご紹介しております。
カタログは上原美術館での販売のほか、郵便局の定額小為替、現金書留でも販売いたします。

【郵送での購入方法】
1. 現金書留、または定額小為替にて、カタログ代金(1冊500円)をお送りください。
送付先:〒413-0715 静岡県下田市宇土金341
公益財団法人上原美術館 『伊豆の平安仏』カタログ販売係 行
2. 代金受領後、美術館より速やかにカタログを発送いたします。

 

新しい展覧会『伊豆の平安仏』(仏教館)、『須田国太郎』(近代館)が始まりました。

9月22日(土)より、リニューアル1周年記念 特別展『伊豆の平安仏―半島に花ひらいた仏教文化―』を仏教館にて、企画展『須田国太郎―上原コレクションから―』を近代館にて開催します。

『伊豆の平安仏』展では、伊豆半島に伝わる平安の仏像を一堂に展示。寺外初公開となる千手観音立像(金龍院・伊豆市)や60年に1回の本開帳となる不動明王立像(松尾不動堂)、東日本最古級の如意輪観音像など、貴重な平安仏の数々をご紹介いたします。

『須田国太郎』展では、上原コレクションの特徴の一つである須田国太郎を展示し、須田が追及した墨色(黒)の魅力をご紹介しております。

 

展示替え休館のお知らせ(9/18~9/21)

9月18日から9月21日までの4日間、展示替えのため休館いたします。

9月22日からは、仏教館にてリニューアル1周年記念特別展『伊豆の平安仏―半島に花ひらいた仏教文化―』、近代館にて企画展『須田国太郎―上原コレクションから―』を開催いたします。新しい展覧会もぜひご覧いただければ幸いです。

新しい展覧会『風のささやき、水のゆらめき』(近代館)、『すがた うるわし』(仏教館)が始まりました

5月26日(土)より、近代館にて『風のささやき、水のゆらめき―絵に描かれた美しき風景―』、仏教館にて『すがた うるわし―仏像と近代絵画の出あい―』を開催しております。仏教館では新収蔵の薬師如来坐像(平安時代後期)も初公開しております。ぜひご覧ください。

展示替休館のお知らせ:5/21~5/25

上原美術館は2018年5月21日(月)より5月25日(金)まで、展示替えのため休館いたします。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

2018年5月26日より、近代館では『風のささやき、水のゆらめき―画家たちが見た美しき風景―』、仏教館では『すがた うるわし―仏像と近代絵画の出あい―』を開催いたします。

5/19に「ねんど開放日」、5/20に「えのぐ開放日」を開催します

上原美術館と静岡県立美術館の共同イベントとして、5/19に「ねんど開放日」、5/20に「えのぐ開放日」を道の駅「開国下田みなと」にて開催します。このイベントは、下田市の黒船祭の協賛イベントです。イベント開催日には道の駅「開国下田みなと」―伊豆急下田駅―上原美術館をつなぐ無料周遊バスも運行します。

5/5に「ねんど開放日」を開催しました

5/5に道の駅「開国下田みなと」にて、静岡県立美術館との共同イベント「ねんど開放日」を開催しました。満員となる大盛況の中、およそ1トンの粘土で自由に造形遊びを楽しみました。

5/19にも「ねんど開放日」を開催します。予約不要ですので、お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

 

5/4に「みんなで大きな黒い船を描こう!」を開催しました

5/4に道の駅「開国下田みなと」にて、静岡県立美術館との共同イベント「みんなで大きな黒い船を描こう!」を開催しました。静岡県立美術館の名画モネ≪ルーアンのセーヌ川≫を、3×4メートルの4分割した大きな布に描き、印象派の技法である筆触分割を体験します。それぞれの絵を繋ぎ合わせると、近くで分からなかった大きな絵が浮かび上がり、歓声が上がりました。

今回制作した作品は、5月8日頃から5月20日まで、道の駅「開国下田みなと」の東側外壁に展示予定です。(*強風により展示できない場合もありますので、ご了承ください)

4/30 静岡県立美術館の木下直之館長による講演・座談会を開催しました

4月30日(月・祝)、下田市民文化会館にて静岡県立美術館の館長木下直之氏と上原美術館学芸員による講演・座談会を開催しました。開催中の展覧会についてお話したほか、木下館長からは近代絵画と仏教美術をともに展示する意義について、歴史的にお話いただきました。また座談会では、河津・南禅寺など伊豆を巡って考えた美について、また美術館で出あえる時代やジャンルを越えた人々との繋がりなどについてお話しました。